VirtualBoxのメモリとCPU割り当てを増やす手順【動作が重い時の対処】

VirtualBox上の仮想マシンのメモリサイズと、CPUコア数の割り当てを変更する手順を解説します。

一般的に割り当てるメモリサイズとCPUコア数が増えるほど、マシンは軽快に動作します。
仮想マシンの動作が重い時の対処法としてお試しください。

作業時間は5分程度です。

目次

環境について

今回はWindows上でVirtualBoxを使い、仮想的にUbuntu20.04.1LTSをインストールした環境で解説しています。
詳しい手順については、次の記事で紹介しています。

あわせて読みたい
【初心者向け】Windows上でLinuxをインストールして使う方法【仮想マシンVirtualBox】 Windows上でVirtualBoxを使ってLinuxを動作させる手順について解説します。 次の動画は実際にWindows上でVirtualBoxを使ってLinuxを動かしている様子です。フルスクリー...

メモリサイズの割り当てを変更

VirtualBoxの仮想マシンに割り当てられているメモリサイズを変更します。

まずはVirtualBoxを起動します。
設定変更をしたい仮想マシンを選択し、[設定]ボタンを押します。

設定画面が表示されます。
画面左側のメニューから[システム]を選択すると、[マザーボード]タブが表示されます。

[メインメモリー]の項目で割り当てるメモリサイズを設定します。
スライドバーをドラッグするか、右のボックスに直接数値を入力します。

ご自身のPCのVirtualBox以外の処理とのバランスを考慮して設定しましょう。
ここでは1,024MBから2,048MBに変更しています。

メモリサイズのみを変更したい場合は、ここで[OK]ボタンを押して設定完了です。
CPUの割り当ても変更する場合は、以降の項目も実施してください。

CPUの割り当てを変更

引き続き、VirtualBoxの仮想マシンに割り当てられているCPUコア数を変更します。

設定変更をしたい仮想マシンの設定画面から[システム]の[プロセッサー]タブをクリックして開きます。

[プロセッサー数]の項目で割り当てるCPUコア数を設定します。
スライドバーをドラッグするか、右のボックスに直接数値を入力します。

ご自身のPCのVirtualBox以外の処理とのバランスを考慮して設定しましょう。
ここでは1コアから2コアに変更しています。

また、この設定画面でCPUの使用率を制限することも可能です。
制限をかけたい場合は、CPUと同様に設定を行います。

最後に[OK]ボタンを押すと設定完了です。

メイン画面で設定が反映されていることを確認できます。

仮想マシンを起動して、処理速度に変化があるか確認してみてください。

それでも動作が重い場合

メモリサイズやCPUの割り当てを増やしても動作が重い場合は、さらに軽量なOSを使用するという手段もあります。

ここではUbuntuの派生ディストリビューション(フレーバ)の中でも人気で比較的軽量なUbuntu MATEと、最も軽量とされているLubuntuのインストール手順についてご紹介します。

あわせて読みたい
【本家よりちょっと軽量】Ubuntu MATE(日本語)をインストール【VirtualBox】 Ubuntu MATEのインストール手順と日本語入力設定までを解説します。 Ubuntu MATEはUbuntuから派生したLinux ディストリビューションです。本家Ubuntuよりも軽快に動作す...
あわせて読みたい
【本家より軽量】Lubuntu(日本語)をインストール【VirtualBox】 Lubuntuのインストール手順と日本語入力設定までを解説します。 LubuntuはUbuntuから派生したLinux ディストリビューションです。数あるUbuntuフレーバの中でも最も軽快...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる