【Windows11】Blenderのインストール手順【3DCGモデリングフリーソフト】

Blender(ブレンダー)は3DCGを作成するための統合環境です。

無料で使用することができますが、有料ソフトに負けない本格的な3Dモデルやアニメーションを作成することができ、様々な3DCG作品で使用されています。
また、アマチュアからプロまで世界中に多くのユーザがいるため、使っていてわからないことや初心者向けのチュートリアル等、ネット上で様々な情報を得ることができます。

3Dモデリングに興味があるけど、どのソフトを選んでいいのかわからない場合や、とりあえずお金をかけずに3DCG作成がどんなものなのか知りたいという方に、Blenderはおすすめです。

今回はそんなBlenderのインストール方法を解説します。
作業時間は15分程度です。

目次

インストール環境

参考までに今回インストールした環境は次の通りです。

プロセッサIntel Core i5-8265U
メモリ8GB
OSWindows 11
通信光回線 ⇒ Wi-Fiルータ ⇒ PC

Blenderをインストール

Blenderのインストールを行います。

まずは次のボタンを押し、Blenderのダウンロードページにアクセスします。

ダウンロードページが表示されたら、[Download Blender]のボタンを押します。

ダウンロードページ

ダウンロードが完了したら、インストーラを実行します。

インストーラアイコン

セットアップ画面が表示されます。
[Next]ボタンを押します。

ソフトウェアライセンスが表示されます。
問題なければ[I accept the terms in the License Agreement]をチェックして[Next]ボタンを押します。

インストール対象とインストール先の選択画面が表示されます。
とくにこだわりがない場合や、よくわからない場合はこのまま[Next]ボタンを押して構いません。

確認画面が表示されます。
[Install]ボタンを押します。

インストールが開始されます。しばらく待ちましょう。

次のような画面が表示されたらインストール完了です。

デスクトップの[blender]アイコンまたは、
[スタートメニュー] – [すべてのアプリ]から[blender]を起動します。

Blenderが起動します。

起動時に設定画面が表示されるので、日本語にしたい場合はここで選択しましょう。

以上でBlenderのインストールは完了です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる