【Windows11】タスクバーのアイコン配置を左寄せにする方法

MicrosoftのOS『Windows11』が10月5日に正式リリースされました。

PCのシステム要件を満たしているWindows10であれば、無償でWindwos11へアップグレードすることができます。(2021/11/03現在)

Windows11のデザインで特徴的なのはタスクバーのアイコンが中央寄せになったことではないでしょうか。これまでのWindowsシリーズの左寄せのレイアウトに慣れていた方の中には、使いにくいと感じる方もいるのではないかと思います。

Windows11のタスクバーのレイアウトは簡単に変更することができます。
今回はWindows11のタスクバーのアイコンを左寄せにする手順について解説していきます。

目次

Windows11について

Windows11の概要やアップグレード手順については、以下の記事で解説しています。

あわせて読みたい
Windows11への無償アップグレード手順 MicrosoftのOS『Windows11』が10月5日に正式リリースされました。 PCのシステム要件を満たしているWindows10であれば、無償でWindwos11へアップグレードすることができ...

タスクバーのアイコン配置を左寄せにする手順

Windows11のタスクバーのアイコンの配置を左寄せにする手順を解説します。

デスクトップ画面下部のスタートメニュー(Windowsボタン)を開き、設定を選択します。

設定画面が開いたら[個人用設定]タブの[タスクバー]をクリックします。

表示された項目の中から[タスクバーの動作]をクリックします。

展開した項目の中の[タスクバーの配置]の[中央揃え]をクリックし、[左揃え]選択します。

タスクバーのアイコンが左寄せになります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる