Raspberry PiでBluetoothスピーカを使う方法【Raspberry Pi OS】

今回は、Raspberry Pi OS(旧名称: Raspbian)でBluetoothスピーカを接続する手順をご紹介します。

目次

Raspberry Piについて

Raspberry Pi(ラズベリーパイ、ラズパイ)は、手のひらに収まるサイズのパソコンです。
コンパクトでありながら、USB、Wi-Fi、Bluetooth等、一般的なPCとしての機能は一通り備わっています。

Raspberry Piの使い方については次の記事で紹介しています。

あわせて読みたい
【初心者向け】Raspberry PiのOSインストール手順【Raspberry Pi 4 Model B】 Raspberry Pi(ラズベリーパイ、ラズパイ)は、手のひらに収まるサイズのパソコンです。 コンパクトでありながら、USB、Wi-Fi、Bluetooth等、一般的なPCとしての機能は一...

今回使うBluetoothスピーカ

今回の解説で使用するBluetoothスピーカはAnkerのSound core 2です。
他のBluetoothスピーカやイヤホンでも手順は同じですので、参考にしてください。

Bluetoothスピーカをつなぐ手順

Raspberry Pi OSのデスクトップ画面右上のBluetoothアイコンを左クリックします。
Bluetoothアイコンが灰色になっている場合は、まずはここで[Bluetoothをオンにする]を選択しましょう。

次の画面のように表示されたら[デバイスを追加]を選択します。

Bluetoothデバイスの追加画面が表示され、現在ペアリング待ち状態のBluetoothデバイスが表示されます。
ペアリングしたいデバイスが表示されない場合は、デバイスがペアリングモードになっていない可能性があります。商品の取扱説明書をご確認ください。

接続するデバイス(今回はSound Core 2)を選択し、[ペア]ボタンを押します。

ペアリング中は次の画面が表示されます。

ペアリングが完了すると、次の画面が表示されますので、[OK]ボタンを押します。

つづいて、デスクトップ画面右上の音量アイコンを右クリックし、接続したBluetoothデバイス(今回はSound Core 2)を選択します。

以上でBluetoothデバイスの接続、設定は完了です。
動画や音楽等を再生して、音が出るか確認してください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる