VirtualBoxの仮想ハードディスク容量を拡張する方法【Ubuntu 20.04.1 LTS】

VirtualBoxで作成した仮想ハードディスクの容量は簡単に拡張することができます。
今回はVirtualBoxで仮想ハードディスク容量を拡張し、インストールしているUbuntu上で設定を反映する手順を解説します。

作業時間は15分程度です。

目次

環境について

今回はWindows上でVirtualBoxを使い、仮想的にUbuntu20.04.1LTSをインストールした環境で解説を行います。
詳しい手順については、次の記事で紹介しています。

あわせて読みたい
【初心者向け】Windows上で学習用にLinuxを使う方法【仮想マシンVirtualBox】 Linux(リナックスと読むのが一般的)は、多くの方が利用するWindowsやMacOS、またスマートフォンのAndroidやiOSと同じくOS(Operating System)と呼ばれるソフトウェアの一...

拡張前の容量を確認

Ubuntu上でストレージ容量を確認すると、容量拡張前は次の通りです。

容量の確認方法は次の記事で紹介しています。

あわせて読みたい
Ubuntuデスクトップでディスク容量を確認する方法【Ubuntu 20.04.1 LTS】 Ubuntuデスクトップでディスク(ストレージ)容量を確認する方法をご紹介します。 Ubuntuデスクトップ画面左下のメニューアイコンをクリックするとアプリ一覧が表示されま...

VirtualBox上では次の箇所でストレージ容量を確認できます。

VirtualBoxでストレージ容量を拡張

ここからはVirtualBoxで操作します。
[ツール]の右の設定アイコンをクリックし、[メディア]を選択します。

メディアの設定画面が表示されます。
[プロパティ]ボタンをクリックし、拡張するハードディスクを選択します。

[サイズ]の項目で拡張する容量の設定を行います。
スライドバーをドラッグするか、右のボックスに直接数値を入力します。

今回は20GBに設定しました。
[適用]ボタンを押して設定を適用します。

仮想マシンの画面を表示すると、ストレージ容量が変更されていることを確認できます。

拡張した容量は、このままではまだUbuntu上で反映されていません。
ここからはUbuntuで操作を行い、拡張した容量を反映していきます。

Ubuntu上で拡張したストレージ容量を反映

[起動]ボタンを押してUbuntuを起動し、拡張したストレージの反映をします。

Ubuntuが起動したら、デスクトップ画面左下のメニューアイコンをクリックしてアプリ一覧を表示します。
すべてのアプリが表示されていない場合は画面下の[すべて]をクリックします。
下にスクロールし、[ディスク]アイコンをクリックします。

[ディスク]は[ユーティリティ]という名前のフォルダにまとめられている場合もあります。

ディスクの設定画面が表示されます。
まずは拡張パーティションを選択します。

左下の歯車アイコンをクリックし、[サイズを変更]を選択します。

サイズの変更画面が表示されます。
スライドバーをドラッグして、右端まで移動します。

拡張した容量20GBより大きく表示されますが、気にせず[サイズを変更]ボタンを押します。

認証画面が表示されるので、ログインアカウントのパスワードを入力し、[認証]ボタンを押します。

拡張パーティションが拡張されていることを確認できます。

つづいて、ファイルシステムパーティションを同様に拡張します。
ファイルシステムパーティションを選択します。

左下の歯車アイコンをクリックし、[サイズを変更]を選択します。

同様にサイズを変更し、[サイズを変更]ボタンを押します。

ファイルシステムパーティションも拡張されました。

以上で、ストレージ容量の拡張は完了です。

拡張後の容量を確認

[ディスクの使用量アナライザ]アプリで、ストレージ容量が拡張されていることを確認できます。

容量の確認方法は次の記事で紹介しています。

あわせて読みたい
Ubuntuデスクトップでディスク容量を確認する方法【Ubuntu 20.04.1 LTS】 Ubuntuデスクトップでディスク(ストレージ)容量を確認する方法をご紹介します。 Ubuntuデスクトップ画面左下のメニューアイコンをクリックするとアプリ一覧が表示されま...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる