Visual Studioの不要になったバージョンをアンインストール

Visual Studioの不要になったバージョンをアンインストールする手順を解説します。

Visual Studioは複数のバージョンをインストールすることができるので、新しいバージョンが出たらとりあえずインストールして試してみて、古いバージョンを使わなくなったらアンインストールするという運用をする方は多いのではないでしょうか。

Visual Studioは多くのストレージ容量を使用するので、不要になったバージョンはアンインストールすることで数GBの空き容量を確保することができます。

作業時間は10分程度です。

目次

不要なバージョンをアンインストール

スタートメニューの[すべてのアプリ]から『Visual Studio Installer』を選択します。

Visual Studio Installerを起動

Visual Studioインストーラが起動し、インストール済のVisual Studioが表示されます。
今回はVisual Studio 2019をアンインストールします。
Visual Studio 2019の[その他]ボタンを押し、[アンインストール]を選択します。

確認画面が表示されます。
[OK]ボタンを押すとアンインストールが開始されます。

アンインストールの進捗が表示されます。しばらく待ちましょう。

Visual Studio 2019の表示が消えました。
以上でアンインストールは完了です。おつかれさまでした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる