Windows11をWindows10に戻す方法

MicrosoftのOS『Windows11』が10月5日に正式リリースされました。

PCのシステム要件を満たしているWindows10であれば、無償でWindwos11へアップグレードすることができます。(2021/11/03現在)

Windows11へのアップグレードしてみた結果、デザインが合わない、使いにくい、インストールしていたアプリが使えなくなった、動作が重くなった等、不具合や不満がある場合は、アップグレード後10日以内であれば、元のWindows10に戻すことができます

今回はWindows11からWindows10へのダウングレードの手順について解説していきます。

目次

Windows11について

Windows11の概要やアップグレード手順については、以下の記事で解説しています。

あわせて読みたい
Windows11への無償アップグレード手順 MicrosoftのOS『Windows11』が10月5日に正式リリースされました。 PCのシステム要件を満たしているWindows10であれば、無償でWindwos11へアップグレードすることができ...

ダウングレード手順

Windows11からWindows10へのダウングレード手順を解説します。

デスクトップ画面下部のスタートメニュー(Windowsボタン)を開き、設定を選択します。

設定画面が開いたら[システム]タブの[回復]をクリックします。

表示された回復オプションの項目の中から[復元]をクリックします。

復元のダイアログボックスが開くので、Windows10に戻す理由を選択後、[次へ]ボタンを押します。

不具合や不満の解消の提案として、Windows11のアップデートを促されます。
Windows10へのダウングレードを続行する場合は[行わない]ボタンをクリックします。

ダウングレードに関する注意事項が表示されます。
よく確認して[次へ]ボタンを押します。

最後に[Windows10に復元する]ボタンを押すと、Windows10へのダウングレードが開始されます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる