【Python入門】プログラムにメモを残す【コメントの書き方】

今回はPythonでプログラミングを行う上で知っておくと便利な『コメント』の書き方について解説します。

コメントはその名の通りプログラムコード内に、プログラムとみなされないコメントを入力できる機能です。
日本語も入力できるので、メモや注意点等、あとから自分で見たときにわかりやすくしたり、他人がプログラムを見たときの説明文等を残すこともできます。

また、デバッグ等で一時的に消したい行も、コメントにすることで無効化する(コメントアウト)ことができますので、覚えておくと便利です。

この記事は5分程度で読めます。

目次

環境について

今回の解説は、PCにPython3をインストールした環境で行います。
まだインストールしていない場合は、次の記事を参考にしてください。

また、Pythonの開発環境として、Visual Studio Code(VS Code)をおすすめしています。
簡単なプログラムの作成方法、実行方法も解説していますので、まずはこちらからご覧ください。

Windowsの場合

あわせて読みたい
【Windows11】Pythonのインストール手順 Windows11にPython(パイソン)をインストールする手順を解説します。 作業時間は15分程度です。 【インストール環境】 参考までに今回インストールした環境は次の通りで...
あわせて読みたい
【Windows11】VisualStudioCodeをインストールする手順【Python設定】 Windows11にVisual Studio Code(VS Code)をインストールする手順を解説します VS Codeはプログラミング用の高機能なエディタで、無償で利用することができます。Python...

Ubuntu(Linux)の場合

UbuntuはあらかじめPythonがインストールされています。

あわせて読みたい
【初心者向け】Windows上で学習用にLinuxを使う方法【仮想マシンVirtualBox】 Linux(リナックスと読むのが一般的)は、多くの方が利用するWindowsやMacOS、またスマートフォンのAndroidやiOSと同じくOS(Operating System)と呼ばれるソフトウェアの一...
あわせて読みたい
LinuxにVisualStudioCodeをインストールする手順【Ubuntu 20.04.1 LTS】 Ubuntuデスクトップは、プログラミング用の高機能なエディタとして、Visual Studio Code(VS Code)をインストールすることができます。 VS Codeは無償で利用することがで...

Raspberry Pi OSの場合

Raspberry Pi OSはあらかじめPythonがインストールされています。

あわせて読みたい
【初心者向け】Raspberry PiのOSインストール手順【Raspberry Pi 4 Model B】 Raspberry Pi(ラズベリーパイ、ラズパイ)は、手のひらに収まるサイズのパソコンです。 コンパクトでありながら、USB、Wi-Fi、Bluetooth等、一般的なPCとしての機能は一...
あわせて読みたい
【初心者向け】Raspberry Pi OSにVisual Studio Codeをインストールする手順 Raspberry Pi OSは、プログラミング用の高機能なエディタとして、Visual Studio Code(VS Code)をインストールすることができます。 VS Codeは無償で利用することができ...

1行コメント

一行分のコメントを入力したい場合は、『 # 』を先頭に入力することで、その後ろに続く文字列はコメントとなります。プログラムとはみなされないので、自由に入力できます。

# ここにコメントを入力

VS Code等の開発環境を使っている方の場合は、コメントが色分けされて表示されます。

VS Codeエディタ画面

プログラミングを始めてすぐのうちは、覚えたことはコメントとして残しておくことをお勧めします。次に開いたときに一目でどんな内容だったかを把握することができます。

複数行コメント

複数行のコメントを入力したい場合は、『 ”’ 』と『 ”’ 』(シングルクォーテーション×3) の間に入力した文字がコメントとなります。

'''
ここにコメントを入力
ここにコメントを入力
ここにコメントを入力
'''

VS Code等の開発環境を使っている方の場合は、コメントが色分けされて表示されます。

VS Codeエディタ画面

Pythonの魅力

Pythonは世界的にも人気の高いプログラミング言語のひとつです。

汎用性が高く、データ分析やWebアプリの開発等、幅広い分野で使用されているほか、日本の市場で今後も拡大することが予想されるAI(機械学習、ディープラーニング)技術との親和性も高く、Pythonを扱えるエンジニアの需要は伸びていくことが予想されます。

そのため開発言語として採用する企業も増えています。
市場動向調査では、Pythonエンジニアの求人倍率は約53倍と非常に高く、慢性的に人材が不足している状況です。

 参考: レバテック『2021年12月のITエンジニア・クリエイター正社員転職/フリーランス市場動向

また、プログラミング言語別の年収調査では3位と高い水準にあり、中央値で575万円、最大提示年収で1,499万円と、日本人の年収の中央値397万円を大きく上回りました。

 参考: BIZREACH『プログラミング言語別年収中央値を発表、求人検索エンジン「スタンバイ」調べ
 参考: 時事ドットコム『【2022年最新】日本の「平均年収」「年収中央値」を調査

以上のように、Pythonは将来性の高いプログラミング言語と言えるでしょう。
就職、転職、副業を目指す上で、身につけておきたいスキルです。

そして、Pythonの学習難易度は他のプログラミング言語と比べると比較的低いとされています。

独学で習得することも可能ですが、近年はオンラインスクールを利用して短期間で集中して実務レベルまで習熟させるという方も増えています。

プログラミングのオンラインスクールを活用する場合は、現役のエンジニアが講師となるスクールが優位でしょう。開発現場で通用する質の高い実務ノウハウを学ぶことができます。

また、全国どこからでも受講できるため、わざわざ都会へ出たり交通費をかけることなく、ライフスタイルに合わせて効率的にスキルを身につけることができることが魅力です。

ITエンジニアとして働き高い収入を得るための先行投資として、オンラインスクールは一つの選択肢となり得るでしょう。
無料体験できるオンラインスクールもあるため、独学でも習得できそうか、短期集中で学んだ方がいいのか、ご自身の力量を見極めてみるのもいいのではないでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる