【2021年11月版】楽天モバイルで買えるおすすめ0~1円機種

今回は楽天モバイルで購入できる実質価格0円~1円のスマートフォンをご紹介します。

現在楽天モバイルでは月々の利用料金が3ヶ月無料になるキャンペーンや、最大25,000円相当ポイント還元キャンペーン等が行われており、この機会に楽天モバイルに乗り換えたいという方も多いのではないでしょうか。

楽天モバイルはシンプルで安価な料金プランが魅力のキャリアです。
通信データ1GBまでであれば0円。無制限に使い放題であっても2,980円(税別)。さらに国内通話は無料でかけ放題です。(Rakuten Linkアプリ利用)
わざわざプラン変更をしなくても自動的に使った分だけ支払うことができるので、全く使わない月は無料で、使いすぎたという月でも最大2,980円(税別)で使うことができるため、すべての人に最適なワンプランとなっています。

楽天モバイルでは、実質0~1円とはいえ、Webサイトの閲覧や音楽、動画再生、ゲーム等よほど高負荷なアプリでなければ快適に動作し、なおかつ、おサイフケータイや指紋認証、顔認証等が搭載された、日常的に使う上では問題なく活躍できるコストパフォーマンスの高いスマートフォンが用意されています。

目次

無敵の高コスパ 実質価格0~1円の機種

楽天モバイルで実質価格0~1円で購入できる機種は『Rakuten Hand』『AQUOS sense4 lite』『OPPO A73』の3機種です。
実質0~1円とはいえ、Webサイト、SNSの閲覧や音楽、動画再生等、日常的に使う上では問題なく活躍できるスペックです。

3機種の比較は次の通りです。

Rakuten HandAQUOS sense4 liteOPPO A73
価格(税込)¥20,000¥25,001¥15,001
実質価格(ポイント還元込)¥0¥1¥1
Webサイト、SNS閲覧
音楽再生
動画再生
ゲーム
バッテリ容量
グラフィック
カメラ性能
防水/防塵×
おサイフケータイ×

カメラ性能、軽さで選ぶなら『Rakuten Hand』
バッテリ持ち、防水・防塵性能で選ぶなら『AQUOS sense4 lite』
といったところでしょう。ここではこの2機種について順番にご紹介します。

Rakuten Hand

Rakuten Handは2020年12月に発売された楽天モバイルのオリジナル機種です。

5.1インチのスリムな本体で、その名の通り片手に収まり操作のしやすいサイズです。
Rakuten Handの重量は129gです。軽いとされているiPhone 12 mini(5.4インチ、133g)、Phone 12 mini(5.4インチ、140g)と比べても圧倒的な軽さです。
安価ながらCPUはSnapdragon 720Gを搭載しており、動画やゲームも快適に動作します。
おサイフケータイや指紋認証、顔認証にも対応しており、ポイント還元20,000ptを抜きにしてもかなり高コスパなスマートフォンとなっています。
また、近年ワイヤレスイヤホンの普及にともない無くなりつつあるイヤホンジャックが搭載されていることも、有線派の人にはうれしいポイントです。
もちろんBluetoothにも対応しているので、柔軟な使い方ができます。

注意したい点としては次の通りです。

  • SDカードスロット無し。ストレージは本体の64GBのみ。
    とはいえ昨今は保存データのほとんどをクラウド上に保存するのが主流です。将来的な機種変更の際もクラウド上に置いておく方が便利なので、クラウドサービスを積極的に活用すれば64GBでも困ることはないでしょう。
  • 防水/防塵性能が低め
    他の機種に比べると防水/防塵性能は低めですが、よほどの大雨にさらされたり、水没しない限り、日常使用には問題ないでしょう。
  • 画面解像度が低め
    他の機種に比べると解像度は720×1,520と低めですが、画面自体が5.1インチとスリムなため、さほど気になることはないでしょう。

【Rakuten Handのスペック】

ブラック / ホワイト / クリムゾンレッド
サイズ(高さ/幅/厚さ)約138 x 約63 x 約9.5 (mm)
重量約129g
ディスプレイサイズ / 種類
約5.1インチ / 有機EL
解像度
HD+ / 720 × 1,520
連続待受時間(LTE)約402時間
連続通話(通信)時間(LTE)約18時間
CPUQualcomm® Snapdragon™ 720G / オクタコア 2.3GHz + 1.8GHz
OSAndroid™ 10
内蔵メモリ(RAM / ROM)4GB (RAM) / 64GB (ROM)
メインカメラ(外側)約4,800万画素 (広角) + 約200万画素 (深度測位)
フロントカメラ(内側)約1,600万画素
バッテリー容量2,630mAh
おサイフケータイ / NFC対応 / 対応
防滴 / 防塵対応 (IPX2 / IP5X)
生体認証(指紋 / 顔)対応 / 対応
SIMタイプeSIM
SDカード非対応
5G(sub6 / ミリ波)非対応 / 非対応
イヤホンジャック
BluetoothVer5.0
その他、Rakuten Handの詳細はこちらから

AQUOS sense4 lite

AQUOS sense4 liteは2020年11月に発売されたシャープのスマートフォンで、楽天モバイル専売モデルとなります。

一番の特徴としては、圧倒的な省電力による電池持ちの良さです。
バッテリ容量は楽天モバイルで購入できる機種の中では最大の4,570mAhとなります。
CPUはSnapdragon 720Gを搭載しており、動画やゲームも快適に動作します。
おサイフケータイや指紋認証、顔認証にも対応し、イヤホンジャックも搭載しています。

その他、Rakuten Handと比較して優れている点としては次の通りです。

  • 防水・防塵性能が高い
  • SDカード対応
    最大1024GBまでストレージを拡張可能
  • 解像度が高い
    2,400 × 1,080(フルHD+)
  • nanoSIM / eSIMのデュアルSIM対応

【AQUOS sense4 liteのスペック】

ライトカッパー / シルバー / ブラック
サイズ(高さ/幅/厚さ)約148 x 約71 x 約8.9 (mm)
重量約176g
ディスプレイサイズ / 種類
約5.8インチ / IGZO
解像度
FHD+ / 2,280 × 1,080
連続待受時間(LTE)約1,020時間
連続通話(通信)時間(LTE)約63.3時間
CPUQualcomm® Snapdragon™ 720G / オクタコア 2.3GHz + 1.8GHz
OSAndroid™ 10
内蔵メモリ(RAM / ROM)4GB (RAM) / 64GB (ROM)
メインカメラ(外側)約1,200万画素 + 約800万画素
フロントカメラ(内側)約800万画素
バッテリー容量約4,570mAh
おサイフケータイ / NFC対応 / 対応
防滴 / 防塵対応 (IPX5 / IPX8 / IP6X)
生体認証(指紋 / 顔)対応 / 対応
SIMタイプnanoSIM / eSIM
SDカードmicro SDXC™ (最大 1024GB)
5G(sub6 / ミリ波)非対応 / 非対応
イヤホンジャック
BluetoothVer5.1
その他、AQUOS sense4 liteの詳細はこちらから

楽天回線の範囲について

楽天回線の人口カバー率は2021年10月時点で94%となっていますが、基地局の設置がまだ隅々までは行き届いておらず、楽天回線がつかめない地域が存在します。

楽天回線の範囲は楽天モバイル公式サイトで公開されており、地図上で確認することができますが、楽天回線範囲内とされる場所であっても実際はつながらない場所があり、かなり盛られた地図となっています。

下記の記事では、基地局の場所や実際に電波を受信した場所をマッピングするツール『CellMapper』をご紹介しています。自分の活動範囲が楽天回線に入っているのかを確認する際に活用してください。

あわせて読みたい
【楽天モバイル】自分の活動範囲が楽天回線に入っているのか確認する方法 今回は自分の活動範囲が楽天回線に入っているのかを確認できるツール『CellMapper(セルマッパー)』をご紹介します。 2021年4月27日、いよいよ楽天モバイルがiPhoneに公...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる