【インストール不要】Webブラウザ版Visual Studio Codeを試してみた

Visual Studio Code(以下VS Code)のWebブラウザ版『VS Code for the Web』のサービスが開始されたとのことで、試しに使ってみました。

『VS Code for the Web』はPCへのインストールが不要で、Webブラウザからアクセスするだけで、使用が可能です。

先に今回わかったことを書いておくと次の通りです。

  • 日本語は現状非対応
  • 非対応の拡張機能が結構ある
  • PC上のローカルディスクのファイルも編集可能
  • ターミナル(端末)機能は使用不可
目次

VS Code for the Webを開く

次のボタンから『VS Code for the Web』にアクセスすることができます。
Google Chrome、Microsoft Edgeで開けることを確認しました。

アクセスすると次の画面が開きます。通常のインストール版VS Codeとほとんど遜色のない画面です。

日本語は非対応

通常のVS Codeと同様に[EXTENSIONS]から拡張機能を検索、インストールすることが可能ですが、日本語化パックは現状Web版では非対応のようです。

Python関連の拡張機能

今回はPythonの動作確認として使ってみます。関連の拡張機能を検索してみました。
『Python』、『Python Extension Pack』についてはインストールすることができました。
『Python for VSCode』は現状Web版では非対応のようです。

エディタ

エディタとしては、簡単に使った感じだと通常のVS Codeと比べても違和感はありません。
PCのローカルディスク上のフォルダを開いて編集することも可能です。

ターミナル機能は使用不可

ターミナル(端末)を開くことはできましたが、現状Web版では使用することができないようです。
そのため、Pythonのプログラムを実行する場合は、自身のPC環境で行うことになります。

まとめ

今回は手始めにPythonのエディタとして使用してみたのですが、実運用するにはまだ早いかなといった感想です。
2021年10月20日リリースされたばかりのため、まだまだ制限されている機能は多いですが、今後のプログラム開発環境のクラウド化への先駆けとなるのではないでしょうか。
将来性に期待しています。今後の更新が楽しみです。

インストール版を使う場合

Visual Studio Codeをインストールして使う場合は次の記事でインストール方法と簡単な使い方を解説しています。

Windowsの場合

あわせて読みたい
【Windows11】Visual Studio Codeをインストールする手順【Python設定】 Windows11にVisual Studio Code(VS Code)をインストールする手順を解説します。 VS Codeはプログラミング用の高機能なエディタで、無償で利用することができます。Pytho...

Ubuntu(Linux)の場合

あわせて読みたい
LinuxにVisualStudioCodeをインストールする手順【Ubuntu 20.04.1 LTS】 Ubuntuデスクトップは、プログラミング用の高機能なエディタとして、Visual Studio Code(VS Code)をインストールすることができます。 VS Codeは無償で利用することがで...

Raspberry Pi OSの場合

あわせて読みたい
【初心者向け】Raspberry Pi OSにVisual Studio Codeをインストールする手順 Raspberry Pi OSは、プログラミング用の高機能なエディタとして、Visual Studio Code(VS Code)をインストールすることができます。 VS Codeは無償で利用することができ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる